世界にひとつだけの相続

当税理士事務所の相続申告は、丁寧で迅速な対応をモットーに、経験を活かし、相続税申告から、遺産分割協議に関するアドバイスなどを含め、丁寧な対応をご提供いたします。

特徴

資産税(相続税)専門のパートナー税理士との提携

一般的に税理士事務所では、法人税の申告などを行う税理士のプラスアルファの拡張能力として、相続税の申告をサポートいたしますが、当事務所では、申告を手続きとせず、解決を目指している為、相続税を専門にしている税理士との提携をさせていただいております。それによって、高品質で専門性の高いアドバイスを提供することができ、結果的に円満相続へと繋がる可能性がたかまります。

パートナー税理士の紹介

山下 政治 Masaharu Yamashita

資産税専門税理士。元国税出身。国税局では、資産税に関する資料の調査を行う国税局資料調査第二課長を務める。以後、資産税に関する専門性の高いサービスを提供している。


徹底した現場調査主義を実践

一般的に相続税の申告が『できる』だけの税理士の場合、建物の図面などを元に資産価値を調査しますが、区境の場合などには複雑性が増し、正しい結果がでない場合があり、税金的に不利にはたらく可能性がございます。当事務所では相続の専門税理士の力をお借りし、現地で直接調査するケースが多いです。仮に後に税務調査が入った場合も、確かなデータがあれば、説明が付きますし、判断もしやすくなります。仮に図面だけで決定してしまった場合、税務調査で詳しい資料を求められた場合、理由がつかなく、税金が課せられる場合がございますので、餅は餅屋におまかせ下さい。


スピード

フットワークの軽さも本サービスの売りとなっております。専門に行なっている為、ノウハウが蓄積されており、また、現地調査までも最短日程にて実施させていただきますので、余裕を持って話し合いたいお客様に大変ご好評いただいております。



相続時のポイント

争う家族(争族)にならないために

兄弟間で遺産の取り合いが起こったりすることはよくあることです。知識が乏しい税理士の場合、感情論で解決をはかろうと考えがちですが、本質は異なるところにあると考えております。どのように分割すれば、税金が最適化できるかを踏まえ、アドバイスを提供することでスムーズに解決できるケースが多いため、当事務所では、被相続人にとって最適な形を目指して税金面のメリットやデメリットを詳しくご説明いたします。二次相続なども考慮しての提案があることで、兄弟間でのお話合いもつけやすい場合が多いです。


遺産分割の落とし穴

一昔前に無数の経営コンサルタントのアドバイスによって、複雑に土地を分割するという自体が多く見られておりました。一見分ければ分ける程、税金を抑えることができそうですが、実は後に土地を売るときに大幅に価値が下るといった自体が起こる場合が多いのです。そんな無責任な分割提案をしているのは経営コンサルタントだけでなく、知識のない税理士にも起こりうることです。相続税は税理士の中でもできる方、できない方がいらっしゃる程の専門性がございますので、一生に一度の相続、しっかりと依頼先を見極めることもよりよい相続の為の第一歩となります。



はじめてのご相談は60分間無料。ご相談の予約はこちら >>

News Letter

事務所からのお知らせや税制改正による注意点などをお届けいたします。無料で購読できます。