今井博子税理士事務所のここだけの話

不動産業の方のみなし仕入れ率が50%から40%へ

2014.06.21 Sat

平成26年3月に消費税法施行令等の一部が改正されました。

今回注目の改正内容は、不動産業の方が知っておくと良い内容となっております。

消費税簡易課税制度のみなし仕入れ率の経過措置

不動産業は今まで第五種事業という分類に属しており、そのみなし仕入れ率は50%でした。
今回の改正内容として、不動産業は第五種事業から、新たに設けられた第六種事業へと変更になります。

それにより、簡易課税制度を選択している場合の仕入れ率が、現行の50%から40%へ引き下げとなります。

つまり、「不動産業はおおよそこれくらいの仕入れ」の割合が下がりましたので、その分、課税対象金額が多くなります。

そこで覚えておいて頂きたいのは、平成26年10月1日より前に簡易課税選択届出書を提出した場合には、適用開始課税期間の初日から2年間、現行の仕入率を適用できるという点です。

簡易課税の選択届出書の提出を平成26年9月末日までに提出すれば、2年間は50%のみなし仕入れ率を適用することができるのです。

不動産業の方は、上記改正を頭に置き、少し気をつけて届け出を提出していただくと良いと思います。

はじめてのご相談は60分間無料。ご相談の予約はこちら >>

News Letter

事務所からのお知らせや税制改正による注意点などをお届けいたします。無料で購読できます。