今井博子税理士事務所のここだけの話

日本版ISAの改正案について

2013.04.22 Mon

日本版ISA(少額投資非課税制度)とは?

日本版ISAは(にほんばんアイサ)と読みます。2014年から始まる制度になりますが、株式投資や投資信託などにおいて、値上がり益や配当金を非課税にする制度のことです。主に節税策として使われます。2013年末で証券優遇税制(10%→20%に戻される。)が廃止される代わりに導入される制度で、すでに投資をしている方や、これから投資を始めようとしている方は、しっかりとこのアイサについて理解しておくと役立つと思います。余談ですが、なぜ「日本版」かというと、1993年からイギリスで取り入れられている「ISA(個人貯蓄口座)」の制度にならって作られているために「日本版」となっています。ご参考までに。

以下、改正前の制度の概要と、改正案を表形式でお届けします。

改正前後の制度変更点

項目 改正前 改正後
非課税対象 上場株式などの配当及び譲渡益 上場株式等の配当及び譲渡益、特定公社債の利子等及び、譲渡益等
非課税投資総額 300万円(100万円×3年間) 500万円(100万円×5年間)
保有期間 最長10年 最長5年

はじめてのご相談は60分間無料。ご相談の予約はこちら >>

News Letter

事務所からのお知らせや税制改正による注意点などをお届けいたします。無料で購読できます。