今井博子税理士事務所のここだけの話

平成25年度の税制改正ポイントはこんな感じ

,

2013.02.15 Fri

1月24日、平成25年度税制改正大綱が発表されました。昨年末の解散総選挙による政権交代の影響で、1ヵ月遅れての大綱発表。3月中に国会の審議を経て、正式に法律になる予定です。今回の税制改正は、企業経営や個人の家計にどのような影響を与えるのか。主な内容をダイジェスト形式でまとめてみました。

交際費は800万円まで全額損金算入可能に

<法人税>
交際費の損金算入の拡大

  • 資本金1億円以下の会社は1期800万円(現行600万円)まで交際費の全額を損金算入可能(現行10%は損金不算入)に(2013年4月1日~2014年3月31日までの間に開始する事業年度)
雇用促進税制等の拡充・新設
  •  給与支給額が前年より5%以上増加した場合等に、その増加額の10%を法人税額から控除(2013年4月1日~2016年3月31日までの間に開始する事業年度)
  • 増加雇用者数1人当たりの税額控除額を20万円→40万円に引き上げ(時期は追って発表)
<所得税・住民税>

所得税の最高税率引き上げ
  • 現行の区分に加えて、課税所得4000万円超の部分について、40%→45%に税率を引き上げ(2015年~)
住宅ローン控除の延長・拡大
  • 控除限度額を2014年1~3月は年20万円、2014年4月以降は年40万円(いずれも控除期間は10年間)とする(2014~2017年中に居住開始)
<相続税・贈与税>

小規模宅地の評価減の特例の拡充
  • 特定居住用宅地の適用対象面積を240平方メートル→330平方メートルに拡大(2015年1月1日の相続~)
  • 選択する宅地のすべてが特定居住用と特定事業用の場合、それぞれについて適用対象面積(現行最大400平方メートル→改正後最大730平方メートル)まで特例の適用が可能に(2015年1月1日の相続~)
  • 外階段で構造上区分されている「二世帯住宅」について、特例の適用が可能に(2014年1月1日の相続~)
  • 介護が必要なため「老人ホーム」に入居していた場合には、特例の適用が可能に(2014年1月1日の相続~)
教育資金の一括贈与に係る非課税規定の創設
  • 金融機関を通じて、将来の教育資金として一括で金銭を拠出した場合には、子または孫1人につき1500万円までは贈与税が非課税に(2013年4月1日~2015年12月31日の贈与)
詳しいことはお気軽におたずねください。

はじめてのご相談は60分間無料。ご相談の予約はこちら >>

News Letter

事務所からのお知らせや税制改正による注意点などをお届けいたします。無料で購読できます。